なぜ
新型コロナは暴力を増幅させるのか

新型コロナウイルスは、私たちの生活に、様々な影響を及ぼして

います。その中で懸念の声が上がっているのが、暴力です(※1)。

実際にアメリカ、イギリス、フランス、南アフリカ等では、

暴力の増加が統計からも明らかになっています(※2)。

新型コロナウイルスが

暴力を増幅させるリスクを3つの視点から解説します。



☆1)特定の人間関係の中で過ごす時間が増える


感染予防により仕事を持っている方は職場勤務がテレワークに

代わったり、勤務日数が減ることにより以前よりも自宅での

滞在が増えています。

また子どもたちも、休校や保育所、学童の閉鎖により自宅で

生活しています。デイサービスやショートステイ等、高齢者や

障がい児者の施設も休業が相次いでいます。

夫婦・パートナーや、子ども、親等といった特定の人々との関係

が濃密となることは、価値観や考え方の違いに気づきやすい環境を

生み出します。そこで違いを認め合うことができれば信頼が

深まりますが、意見を受け入れない関係性においては、相手を

一方的に従わせることを目的とした暴力につながるリスクが

あります。



☆2)心理的不安のはけ口が自分より弱い立場に向かう


政府が緊急対策を打ち出しているように仕事の減少や休業・

廃業等に伴い、家計が急変している世帯は少なくありません。

外出自粛により生活のリズムが崩れたり趣味や楽しみを

控えている方、1人の時間を持てなくなった方もたくさん

います。

こうした現状に不満を感じたり、イライラするのは当然の

ことです。ストレスを自分自身で解消できればよいですが、

残念ながら、自分より弱い立場にある他者を攻撃することで

支配欲を満たし解決を図る人もいます。これが暴力につながる

リスクとなります。



☆3)社会全体が暴力に寛容になり見えづらくなる


新型コロナウイルス等の感染症、災害、戦争といった異常時は

生命の維持が最優先になります。このため通常であれば

ある意味、非常に暴力性の高い「行動制限を伴う指示命令」が

市民に広く受け入れられます。

報道は命を守る情報が中心になり、DVや虐待といった暴力を

含めた様々な事件が取り上げられにくくなります。

また、相談窓口の閉鎖や面談の休止(※3)は、暴力の存在自体を

潜在化します。

こうして暴力に寛容な風土が醸成され、見えづらくなることでリスクが増幅します。



暴力は人による行為です。だからこそ、私たち一人ひとりの力でなくすことができます。

こんな時だからこそ、暴力のない安心できる社会の実現に向け

知恵を出し合い、声を届けていきましょう。



※1 女性への暴力問題に関する国連特別報告者

「国家はCOVID-19に伴う家庭内暴力と闘わなければならない」

https://bit.ly/39SMczt

※2

*2020年4月1日付『毎日新聞』「新型コロナ 外出規制で

DV被害悪化の恐れ フランスでは通報3割増」

https://mainichi.jp/articles/20200401/k00/00m/040/347000c

*2020年4月2日付『テレ朝news』

「外出制限で犯罪は減少 家庭内暴力は増加 アメリカ」

https://bit.ly/2VjgyWx

*2020年4月7日付『NHK』「外出制限でDV増加懸念

国連機関が警鐘 新型コロナウイルス」

https://bit.ly/34sBgHw

※3 全国女性シェルターネット「新型コロナウィルス

対策状況下における DV・児童虐待防止に関する要望書」

http://nwsnet.or.jp/statement/20200330.pdf




 

▼主催団体
NPO法人しあわせなみだは性暴力撲滅に向けた啓発活動を手がけています。
http://shiawasenamida.org/
▼special thanks
Y.Hiroi/Team長女/西野莉香

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now